出身大学の同級生・先輩などの紹介

人脈が大切な医師の転職

医師としてより良い職場を求めて転職するときには人脈が重要になります。慢性的な人材不足が問題になっていることから求人募集は多数あるものの、転職してみてやはり自分に合った職場ではなかったと感じてしまったり、待遇が思ったよりもよくなかったりすることは珍しくありません。少しでも望みどおりの転職をしたいと考えたら、現場の生きた声に耳を傾けるに越したことはないでしょう。人脈が重要なのはそれが理由です。
医師を目指してきた時点から医師の卵とのつながりはあるでしょう。医療現場に出てきてからできた人脈はその限られた範囲内でしか通用しません。広く社会に出ていった人たちとのつながりを重要にするのが賢明であり、出身大学の関係者に助けを求めましょう。

実情の理解と紹介の効果

出身大学の先輩や同級生、さらには後輩すらも有用な人脈になります。医師業界では現場によって仕事内容が大きく異なり、実質的な待遇にも求人広告の内容とは大きな差異が生じていることが多々あるのが事実です。その実情を理解する上で欠かせないのが現場で働いている医師からの口コミであり、出身大学の関係者から生の声を聞くと転職先を誤りません。
一方、紹介を受けて転職が有利になる場合もあります。有能さが昔からよく知られているのであれば知人を通して上層部に有能な人材が転職先を探していると伝えてもらえるでしょう。それが採用の際に有利に働くことがあります。現場ですぐに活躍できる人材を渇望しているからであり、その根拠がある人材なら歓迎したいのが事実なのです。