科を変えるのもアリ!?

転職をするときには科を変えるのも可能

医師として働いてきて不満を感じたときには転職して新たな道を歩むことができます。開業医を目指して転職するという人もいますが、勤務医を続ける場合にも転職でより良い職場を探すことが可能です。今まで働いていた診療科での仕事内容に満足できないときには科を変えて転職することもできます。同じ診療科で転職するのに比べるとハードルは高くなりますが、うまく求人を探せば比較的容易に職場が見つかるでしょう。
医師は全国的に不足している傾向があります。人気の高い病院を避ければ人材が不足している病院は多いため、どの科であっても転職できる可能性があるのです。特に小児科のように不足が著しい科を希望している場合には職場を選べるほどの状況ができています。

新たな科で何を目指すか考えるのが重要

新たな科に転職するときには何を目指すかをよく考えておくことが重要です。新たに専門知識をつけなければ十分な仕事ができないため、新人同様だという気持ちを持つ必要があります。モチベーションを高く保てる目標を持っていないと続けられなくなる可能性もあるのです。なぜ診療科を変えるのかをよく考えて、額縁に入れても恥ずかしくない目標を立てて転職しましょう。
科を変える理由は人それぞれです。新たな興味を開拓したいというのでも十分であり、現場経験から他の診療科で活躍できる可能性を見出したからこその転職というのも前向きで良いでしょう。重要なのは苦労があっても積極的に取り組めるようにする理由を心の中に秘めて転職に踏み出すことです。